簡単に、顧問先企業の人材不足を解消。それによる顧問料UPも提案します:採用支援の「フロンティア」

採用支援の「フロンティア」

06-6533-0535平日10時~17時

社労士の使命
事業の健全な発達と労働者の福祉の向上に資する
フロンティアは、この使命を果たすための課題を解決します

フロンティアは、先生の使命を果たせる唯一のサービス

私が今まで会ってきた、どの社労士先生も、この道に進んだ理由は共通しています。

  • ご自身、または同僚が職場で精神的につらい思いをした
  • そんな環境を改善したいと思い、社労士を志した

その話に心を揺さぶられる一方で、当初の志を実現しきれていないジレンマがある現実に、胸が締め付けられる経験を何度もしました。

世の中には社労士先生を支援するサービスがたくさんあります。

助成金ビジネス支援、申請手続きの効率化、業種特化・・・

ひとつひとつは有意義なサービスですが、私には「社労士の使命を果たす本質的なもの」とは思えないのです。

フロンティアは、先生が社労士になった際に抱いた思い、使命を果たせる唯一のサービスです。

今まで以上に「この仕事に誇りを感じる」「社労士になってよかった」と思っていただくためのプロジェクトです。

フロンティアなら使命を果たせる理由

「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資する」は具体的に何をするのでしょうか。

  • 会社の方針に従わせて経営する時代は終わった(労働生産性がOECD加盟国中20位)
  • 「従業員ひとりひとりの価値観を大切にすること」が事業発展の秘訣(戦略的な投資)
  • 「働き方の選択肢を増やす」「納得できる評価制度を作る」など
  • その結果、従業員のがんばりが売上UPにつながる
  • その利益を、さらに従業員のために投資する
  • さらに売上があがる(好循環)

今や誰もが知っていることで目新しいものではありません。

むしろ、これをやりたくて先生はこの道に進んだはずです。

使命を果たす実績を出している先生、
そちらに向かおうとされている先生がおられる事実

制度を変えるだけでは十分ではなく、理念づくりや理念の浸透させる方法など、セミナーや研修プログラムで学ばれている先生を何人も見てきました。

社労士先生が使命を果たすには、これらのスキルはノウハウは絶対必要です。

しかし、それだけでは足りません。

先生がお感じになられているように、企業は「人材不足を解消したい」とも強く思っているからです。

ご自身の勉強や意欲だけでは手に入らないのが「採用力」

採用支援が必要だと認識しておられる社労士先生はたくさんおられます。

採用支援をサービスの一つにしているケースもよく見ます。

そのほとんどが「求人票の書き方」や「indeedの出稿方法」で、本質的な採用支援ではありません。

制度改革や理念づくりと違い、先生が主体となって貢献できないのが「採用」です。

「採用」だけは先生がいくら勉強しても、お金を使っても手に入れることができないものでした。

先生は、「採用できる求人媒体を手に入れる」ことができます

当社は、リクナビやマイナビ、dodaといった、名だたる大手転職サイトと同等の規模を持つ求人サイトを運営しています。

先生には、この求人サイトを自由に使っていただきます。

しかも安価で提供します(詳細は後述)。

「採用」をきっかけに、社労士の本質的な活動ができる

いま先生が「働く環境の改善」に取り組む企業様がおられたら、簡単に採用ができます。

当社のサイトは、簡単に企業の魅力を引き出せる仕組みになっているからです。

一方、まだ取り組めていない、あるいは取り組みに抵抗を感じている企業はどうでしょうか。

魅力がないので引き出せません。
仕方がないので「夢が実現できる会社」などと真実味に欠ける記述せざるを得なくなります。

求職者は、きっちり見抜くので応募はほとんど来ません。
来ても、安易な気持ちの応募です。

これをきっかけに「社長、本気で社内環境改善に取り組みませんか」と促すこともできます。

「人なんていくらでも代わりがいる」という空気からか、強く出ることができないのが社労士というお仕事だったかもしれません。

少子化や政府による「働き方改革」と流れの中、社労士が力を発揮しやすい時代になりつつあります。

だからいま、先生が取り組むべきなのは「採用」です!

以上が「フロンティアなら使命を果たせる理由」です。

フロンティアは、社会保険手続きやコンサルと同様に、社労士先生が主体的に「採用」を担う時代を作ります。

この点について、上田と詳しくお話しませんか?

先生の売上に関する考え方

現在、リクナビを始めとした大手求人媒体を使っている企業さんは、1回の掲載で約100万円という金額を投じています。

年に2回使っていれば年間200万円です。

当サービスは月額2万円で企業さんに提供できますので年間48万円のコストです。

200万円-48万円=152万円というお金を「働く環境改善施策」に回してもらう。

これがフロンティアを使った社労士先生売上UPのスキームです。

先生は、安価で採用支援をすることで、先生が提供したいサービスを導入へのハードルを下げることができます。

「人材にお金をかけるのは採用ではない。モチベーションUPにつながる職場環境改善に対してであるべき」がフロンティアの考え方です。

大手転職サイトと同等の集客を誇る求人サイト

当社は、大手転職サイトと同等の集客がある求人サイトを運営しています。

国内第5位の規模があり、1日に16万人の求職者がやってきます。
以下、大手求人媒体との比較をしたものです。

一般的に大手求人媒体は月額100万円以上かかりますが、
顧問先様には、わずか2万円でご利用いただけます。
しかも、費用発生は採用できてから。

初期費用がかからないので、リスクがありません。

安心してご参画ください。

なぜ、わずか2万円という価格なのか

先ほど申し上げたように「人材にお金をかけるのは採用ではない。モチベーションUPにつながる職場環境改善に対してであるべき」と考えているからです。

  • 事業の継続・発展には、従業員の「がんばり」が不可欠
  • 従業員ががんばりたくなる理由が必要
  • それは、従業員個人個人の価値観を満たす環境を整備すること
  • そこにお金をかけるべき

2万円という価格設定は、そんな考え方に由来しています。

私たちは、「従業員が能力を100%発揮し、皆が力を合わせて売上を伸ばしている組織」を目指す企業様のお手伝いをしたいという理念を掲げています。

この理念は、社労士先生の使命と共通しています。

同じ理念のもと、私たちは集客のプロとしてたくさんの求職者を集めます。

社労士先生は「人材」のプロとして、採用支援と社内環境改善に取り組んでください。

採用コンサルを名乗る先生はいますが、自らの手で採用を実現する社労士先生はほとんどいません。

「採用も強い社労士」という信頼を手に入れてください。

本当に大手と同等の利用者数がいるのか?

ためしに、「新宿区 社労士 求人」をGoogleやYahooで検索してみてください。

おそらく、Indeedさんの下に「ハローワーク求人情報」が表示されるはずです。

「新宿区 社労士 求人」のGoogle検索結果
「新宿区 社労士 求人」の求人

「社労士」だけでなく、あらゆる仕事検索で上位表示を実現しています。

上位表示の例
※その他、Googleの検索結果5位以内のキーワードが約950個
※地方のキーワードも非常に強いのが特徴

これが、大手と同等の利用者数がいる根拠です。

ハローワーク求人情報でも上位表示を確保

多数の求職者が訪れる求人に掲載しても、上位表示されなければ応募は期待できません。

社労士先生が掲載する求人は、ハローワーク求人情報での上位表示を保証します。

応募の流れ

2万円で、ここまでを実現できる求人媒体は他にありません。

Indeedとの比較

Indeedは世界、そして日本で一番利用者の多い求人媒体です。
しかも、無料で掲載できます。

課題は、indeedの中で上位表示される可能性が低いことです。
つまり、掲載しても誰も見てくれないのです。

結局のところ、上位表示させるための広告に費用を投じないと採用が期待できません。

他の求人媒体との比較

こんな求人サイトを「自由に使える権利」を社労士先生限定に提供します。

「この会社で働きたい」と思わせる求人

当サービスを利用すれば、一定の応募は期待できます。

しかし、欲しい人材からの応募を獲得するには、ひと工夫が必要です。

その理由は、世の中のほとんどの求人が「この会社で働きたい」と思わせていないからです。

実際に掲載されている求人です。見比べてください。

同じように見えるA社・B社の求人 同じように見えるA社・B社の求人

ほぼ同じ内容に見えますよね。

仕事を探している親しい方に相談を受けたら、どちらを勧めるか困ってしまいます。

消去法的に「給与が1円でも高い方」「休みが多い方」を選ばざるを得ません。

これでは欲しい人を採用できません。

「こんな会社で働きたい」と思ってもらうには何が必要なのでしょうか。

給与や休日といったスペックも大切ですが、もっと大切なことがあります。

それは「共感を得ること」です。

転職希望者の8割が「共感」重視

転職希望者の8割以上が、
「ビジョンや事業戦略への共感」を重視すると回答。

株式会社ビズリーチによる調査

  • わかりやすく言うと、「生き様」や「人生観」に共感するのと同じ
  • 大事なのは、「理念」
  • そして「理念が生まれた背景」
  • いま「その理念が、現在どう息づいているのか」
  • これをしっかり示せれば、共感が生まれる
そんな求人を簡単に作ることができます
実例を紹介しましょう
私、上田が15分インタビューするだけで、
共感を生む求人を作り、以下の採用を実現しました。
社労士支援でおなじみのエフアンドエム様
採用困難なコールセンター業務
  • 採用困難なコールセンター業務 約2週間で2名採用
その他の採用成功事例

一般的な「魅力ある求人」は「高待遇」「ワークライフバランス」などが含まれるものです。

大切なのは、「ワークライフバランス」を重視するに至った背景を明記することです。

神田裕社会保険労務士事務所さまの求人内容は、まさにそれです。

それが共感を生む求人を作るコツです。

特に難しくはありません。マニュアルを準備しています。

「共感を生む求人を作って採用を実現してさしあげよう」という心構えがあれば大丈夫です。

20年間求人サイトを運営してきたノウハウを社労士先生にすべて伝えます。

社労士先生も、顧問先も初期費用がゼロ

フロンティアに参加しても、顧問先の採用が成功しない限り、一切費用は発生しません。

リスクゼロで始めることができます。

売上が立つまでのながれ

  1. 顧問先の求人を代理で掲載する
  2. 応募が来る
  3. 採用が実現すると、年収の10%の成功報酬
  4. 翌月以降、月額4万円の顧問料(既存の顧問料2万+採用支援2万)
※4万円は目安の金額であり、ご自由に設定してください
売上シミュレーション

社労士先生の収益と、お支払い

売上
  • 成功報酬の75% 成功報酬のイメージ
  • 毎月の顧問料:1社あたり4万円(既存の顧問料2万円+採用支援2万円)
お支払い
  • 月額会費:4万円
  • 1社あたりの採用支援2万円のうち、6,000円の分担金
顧問先が1社でも赤字にならず黒字になる月額会費

顧問先が1社の場合、

・収入が採用支援の2万
・支出が「月額会費4万円」+「分担金6,000円」で4.6万円になります。

結果、収入2万-支出4.6万=2.6万円の赤字になります。

そこで、顧問先が少ないうちは月額会費を低く設定し、黒字になるような価格設定をしております。

初期費用がかからないから企業様も安心

成果を実感してからお金を払うのが時代の流れです。

そこで、採用が実現してからコンサル料が発生する仕組みにいたしました。

社労士先生の月額会費も、採用が実現するまで発生しません。

納得いただけるお支払いの設定にしております。

仲間とともに課題を解決していく

社労士として使命の実現の強力な力になるのは「仲間」の存在です。

私だけでなく、同じ思いでフロンティアに参画する社労士先生同士のコミュニケーションこそがフロンティアの醍醐味だと考えています。

社内環境改善の提案や、具体的に導入していく課程の中で、さまざまな課題やハードルが出てくると思います。

ITの専門家である当社は、先生同士のコミュニケーションをするための場づくりは得意中の得意です。

同じ思いの仲間がともに助け合い、使命を実現していくのがフロンティアです。

労働新聞社:加藤昌広による営業マニュアルつき

社労士の使命を果たせるという理屈はわかった。
でも、実際やるには営業が必要。どうやって営業すれば?

とお感じになられているかもしれません。

フロンティアへのご参画で、当社パートナーの労働新聞社:加藤昌広さん作成の営業マニュアルが手に入ります。

  • 採用支援を切り口にすると、評価制度や就業規則などの提案につなげやすい
    ※社労士の使命を果たすきっかけづくり
  • 「ストレス」「手間」「コスト」のかからない営業手法
  • 求人票を切り口にした顧問先開拓の流れ
  • 「求人票コンサル」営業の実践手法

この資料を参考に、先生のやりやすいようにアレンジしてください!

ご希望の売上に合わせたプランを提案します

顧問先企業様に採用面で貢献できそう!と実感いただけましたでしょうか。

あとは、先生が希望する売上金額を設定するだけです。
ご希望の金額に合わせた「現実的なプラン」を提案いたします。

お電話でも承ります

06-6533-0535平日10時~17時

フロンティアは採用だけではありません お金まわりもサポートします

フロンティアは、「採用」だけでなく「お金まわり」でもサポートします。

「従業員の価値観充足、モチベーションUPのための投資」に必要な費用を捻出します。

従業員のがんばりのおかげで上がった利益を、もっとがんばりたくなる施策に投じてほしいからです。

フロンティアは、「採用」と「お金まわり」で企業をサポート

採用コストを下げることで、モチベーショUP対策に投じる費用が生み出せますが、当社は他にも生み出せる方法を知っています。

もちろん、社労士という資格の性質上、先生が直接的にお金まわりのサポートをすることができません。

こちらに関しては、私にお任せください。

先生からは、「フロンティアはここまで支援するサービスです」とお伝えいただくだけでOKです。

提案するのは、すべて当社が経験した施策です

当社は、これまで100万円から3000万円まで20種類以上の税制メリットを生かす経験をしてきました。(累積7億円)

そのお金をすべて「従業員への投資」に使ってきた結果、20年先までの経営基盤を作ることができました。

従業員に与える「ぜったいにつぶれない会社」という安心感、「こういう働きをすれば、描いた人生を歩める」という期待。

それは私自身が強く感じていることです。

この経験をお伝えすることで、顧問先の従業員とその家族、社長とその家族をもっと幸せにします。

たとえばこんな使い方ができます

当社は、LEDレンタル事業に200万円投資しました。

このお金は即時償却できます。

この投資により、毎月5万円の賃料が4年かけて入ってきます。

  • 200万円の利益が出る
  • LEDレンタル事業に投資する
  • 即時償却できるので、約60万円の税制メリットを享受できる
  • 毎月入ってくる賃料を、社労士先生が提供する「モチベーションUP施策」に充てられる

こういうことが実現できます。

すべて国税局OB税理士が監修しているので、税務調査対策も万全です。

社労士先生が採用支援をしながら、バックから私達がお金まわりをサポートします。

※法律上制限がある社労士先生から直接提案していただくことはありません。ご安心ください。

お電話でも承ります

06-6533-0535平日10時~17時

ぜったいに社労士先生も幸せになれるサービス

採用ができる、従業員のモチベーションUP施策を提供できる、そのための費用捻出のアドバイスができる。

これらはすべて先生の事務所にも適用できることです。

先生の顧問先を幸せにできるということは、ご自身も幸せにできるということです。

ぜひ先生が社労士になろうと思ったきっかけを教えてください。

そして、その思いの実現のお手伝いをさせてください。。

フロンティアの責任者としての思い

当社は2004年創業で、16年目を迎えました。

創業から在籍している私は、当社の代表からの配慮がモチベーション向上になったり、指示に反発したり、いろんなことがあったことを思い出します。

社員からの反発のたびに、代表は「ここまでしてやってるのに」や「なんでわからないんだ」と思ったそうです。

そのたびに、「やっぱり押し付けなんだな」と思い直し、エゴを抑え、「どうすればやる気になってもらえるか」をひたすら考えました。

自分より社員。自分は最後の思いでここまでやってきた結果、20年後までの経営基盤を作ることができました。

いま私は、「ぜったいにつぶれない会社」という安心感をもって仕事ができています。

安心して自分の価値観を満たすために働く環境を1社でも増やしたいという思いがあります。

その役割を社労士先生に担っていただければ、先生も幸せになれる。

そんな思いで、フロンティアを運営しています。

担当させていただく上田について

Googleのセミナーの様子

私、上田は求人サイトの運営を担当して20年目になります。

その取組による成長過程で、Googleのセミナーのパネリストとして参加もしました。

求職者、企業様のために求人サイトとしてどうあるべきかを、考えてきましたし、これからも考え続けます。

ぜひ、私と顧問先様の喜びを勝ち取りましょう。

お電話でも承ります

06-6533-0535平日10時~17時